葉酸は、様々なものに含まれていますが、サプリとして服用する時、相性の良くないものがあるかと言えば、まったくありません。
元々ビタミンB群として存在していますので、遊離型として機能しますから、水以外のものと同時に摂取されても何ら支障はないのです。

水溶性ビタミンB類は、必須栄養素として成立しているのは、栄養素区分に於いて1つの立場を持っています。
これが分解されて他の要素になることは考えられないのです。
ただ言えることは、酸化や温度に対して弱いという性質がありますので、効果効能が減退することは考えられるのです。
また、お酒を水替わりにして葉酸を摂取されると効果は無くなってしまいますので気をつけてください。
葉酸の1日当り最大摂取量は1000μgですから、これを超えないように注意が必要です。

葉酸は、細胞分裂や造血に関わっていますので、これを摂取してアレルギー症状を起こすことは先ず考えられません。
しかし、葉酸以外の成分が添加されているサプリメントの場合は、混入している他の成分が原因になるかも知れませんので、葉酸単一のサプリメントを摂取してください。
牛乳、ジュース、炭酸飲料などでアルコールを含まないものならどんな飲まれ方をしても問題はありません。